Hearthstone A beginners' class

ハースストーンでランクの壁にぶち当たっている人に向けたブログです

コボルトカードレビュー  ~スパムブロガーを添えて~

評価

☆☆☆☆ ベン?今日の夜家に泊まって一緒に楽しいことしない?

☆☆☆  サンキューベンブロード!!!

☆☆   うんちっち

☆    fu〇k

 

ドルイド

 

ドルイドにこんなのいらん

 

☆☆

偶像が無限リソースで強いって言われてるのはスタッツがどんどんでかくなるから。お前も大きくなってから出直してこい

 

 

☆☆☆

翡翠デッキじゃなくても翡翠の開花は採用されてた。つまりそういう事

 

 

 

☆☆

436挑発をアーマー貯めながらだしたりマナ加速をサーチできるのは強そう

 

 

☆☆☆

挑発ついてたら後ろのミニオン守れるしミッド~アグロなら使う価値あるんじゃない?

 

 

君は何がしたいんですか?

 

ドルイドはランプアップできるけどコスト4以下のこいつから出したいミニオンとは?

 

耐久多すぎ&アタック低すぎ。 アタックが1多いか耐久が1少なかったら☆☆つけた。

マリガンでもキープできない4マナだしメディブシナジーとか言ってる人はメディブがレジェンドってのを知らない

雑魚雑魚雑魚

 

 

☆☆☆☆

アグロドルイドとか横並べするドルイドの獰猛な咆哮の枠は全部これに置き換わる。

これを弱いとかいう人はどうかしてるゼ!!!

 

 

☆☆☆

ドルイドの苦手な単体除去きたけど弱くもなく強くもないって感じ。2枚は入れたくないよねっていうカード

 

 

・ハンター

ハンターは新拡張で新しいカードもらってないし次の環境どうせ弱いから割愛

 

 

 

これだけは強いと思うけどハンターが弱いので☆☆

 

もっとまともなカードよこせ

 

 

・メイジ

・メイジ

変身者ゼラスとウォリの変化する武器が強かったか?つまりそういうこと

 

 

☆☆

書いてる事は強そうだけど結局使われないカード

ハイランダー構築にはありかもね

 

メイジには珍しいミニオンでのフィニッシャーだけどメイジならボードとるよりも火力スペル飛ばした方が早い。

後5コス以上のスペルをそんなにデッキにいれたいか?

 

 

魔導書つかえ

 

 

☆☆☆

標準スタッツ&エレメンタルはいいね 

コストを減らすのが手札だけじゃなくてゲーム中の全てのデッキ外スペルだったら君は神様になれたよ

 

 

☆☆☆☆

強すぎ!

秘策メイジに3ターン目343からこれ貼られてみろ失神するゾ

 

 

☆☆

アイスブロックが落ちるまでは君が活躍する場所はないよ

 

☆☆

強いエレメンタル貰ってるけど中身がランダムなのもあって弱そう

中身が全部ファイボなら卍!って感じで強かっただろうね

 

☆☆

器用貧乏な感じで書いてること悪くないけどつかわれなさそう

ハイランダーでワンチャン

 

 

☆☆☆☆

終盤のリソース確保でテンポ系のメイジが使いそう

エストは大事なカードが燃えちゃいそうだから採用は見送る形かな

 

プラチナからレジェンドまで勝率75%!! アグロゼシカのガイド

ドラクエストーンついに始まりましたね!

僕もラダーができるようになってから始めて合計6時間程でレジェンドまで行くことができました

 

 

 

戦績の方がプラチナからレジェンドまで37勝12敗の勝率75%、ブロンズからプラチナまでに至っては20勝1敗の95%を記録していました

レジェンド到達時に使用していたデッキはすみねこさんがレジェヒットしていた時に使っていたセクシービーム入りのアグロゼシカです

 

f:id:kan12030705:20171108231139p:plain

今回はこのセクシービーム入りアグロゼシカを中心に各マッチアップ事のアグロゼシカでの戦い方、各ヒーローへの配置学やアグロゼシカで私が一番難しいと思っているテンションスキルについてまとめて行きたいと思います

 

 

※今回ガイドを書くに当たってドラゴンクエストライバルズはつい先日サービス開始されたばかりの新しいカードゲームです。どれが正しくて間違ってるかの区別もまだつきにくい状態ですので私の言ってる事が全て正しい訳ではありません。今回の記事は自分の考えをまとめる為に書いているものでもあるので私の記事に疑問点や質問があればtwitter@kan0705jfまで質問をください。必ず返信します。お互いにこのデッキへの理解を深めましょう

 

 

・カードの採用理由&入れ替え候補

f:id:kan12030705:20171108233016p:plain

メラゴーストやマジックフライ等の生き残ったユニットにアタックバフをかけることで既に役目を終えているカードにユニットトレードさせるという追加の仕事を与える事ができるカード。

攻撃力2のユニットにつける事で体力2以上のはぐれメタルをワンパンで倒せる事を覚えておきたい

 

f:id:kan12030705:20171108233416p:plain

何で今までこのカードが入ってたか分からないランキング堂々の1位

このデッキで2マナ払って引きたいカードって何?スペル引きたいならマジックフライっていう確定スペルサーチあるし単にドローとしていれるなら100万倍わたぼうの方が強い。

わざわざ212出してテンポロスするならテンションためておけ。

 

f:id:kan12030705:20171108233728p:plain

このカード弱いという人たまに見るけどアグロゼシカみたいな相手のライフをスペル火力とかで焼き払うデッキなら222っていう最低ステータスと確実に自分が1枚アドバンテージとれるカードが弱いわけない。

 

 

f:id:kan12030705:20171108234009p:plain

マポレーナ(アタック/体力 +1/+1)をこいつに使うとアタック3以下を3回殴れる事だけ覚えとけ。322で突撃メタルボディもってるだけで優秀。入れない理由は無い。

 

f:id:kan12030705:20171108234348p:plain

このデッキで一番害悪なやつ。スクエニはこのカードの調整を間違えている

効果の対象にならないの範囲がスペルとユニット効果の両方に適応されているのでこいつの前にフォロワー置いてたらこいつに触ることもできずに毎ターン5ダメージが相手の顔に行く

特に序盤フォロワーが出にくいククールピサロ、ミネア、中型~大型をスペルやテンションスキルで除去するゼシカミラーではこいつで顔を殴るのが一番の勝ち筋となる。

アンルシア(アタック5以上を0にする)を使ってもこいつをターゲットとれないのは覚えておこう。

こいつは443にするべきだった

 

 

f:id:kan12030705:20171108232522p:plain

このデッキでの上手ぶりテックカード枠 イラストアドも高い

f:id:kan12030705:20171108235323p:plain

上の画像のようにアタック2のガチャコッコをセクシービームでどかして相手の顔つめたり除去がやっかいなはぐれメタルをこいつでパクッて相手のユニットとトレードさしたり用途は様々。

終盤だと相手のウォールをこいつで崩したり死亡時効果をもつユニットをパクッて自壊すればこちらの盤面で死亡時効果が発動されます

わらいぶくろっていうカードの一万倍強い

短所としては下で説明するドルイドの採用が難しくなること

 

 

f:id:kan12030705:20171108235150p:plain

まず436というスタッツが強い。素出ししても大きな問題はないスタッツである

そして終盤顔詰めるぞって時に次のトップのカードを確定でメラミかメラゾーマにできるのが最大の魅力

今回のデッキではセクシービームを採用しアグロゼシカでこいつを採用していた一番のメリットである打点をサーチできるところが失われてしまうので不採用となった。セクシービーム入れないなら採用はかなりあり

 

f:id:kan12030705:20171109000123p:plain

盤面を失いやすい4ターン目らへんにこいつで盤面とりかえせたら強いかな?って思って入れてた時があった。

結論からすると4ターン目にアグロゼシカで盤面とられるのはそれまでのプレイが下手っていうところだった。

こいつ入れるならテンションの使い方を勉強してこい。

これ入れるならドルイドかセクシービームの方が盤面取りやすいし火力も出しやすい

 

 

f:id:kan12030705:20171109012650p:plain

 最近採用され始めたカードで自分もまだ使ったことないがやばいポテンシャルを秘めてそうなカード。

序盤はこっちが攻めるデッキなのでほとんどの場合効果は発動するだろう。

発動しなくても体力6はAOEに巻き込まれにくくて優秀。1枚のカードで処理するのが難しいカード

ウォール気にせず相手の顔に7点って結構やばいのでは?

 

 

ゼシカのテンションスキルについて

マリガンの説明の前にゼシカのテンションスキルの強さについて書いておかなければ後のマリガンガイドみても???となってしまうので先にこっちを書いておく

アグロゼシカというデッキを使っていくうえでテンションアップ=テンポロスだと考えているうちはいつまでたっても勝てない。

ゼシカのテンションスキルは好きな時に好きな場所に3点のダメージをだせてテンションをMAXにしておけばいつでもこの3点がだせるのだ。

この0マナでカード消費なしの好きな所に3点ていうのがミソで1マナ2マナ3マナとマナカーブ通り動く時よりも強い時があるのだ。

3点と聞くとそんなに大したことないと感じるかもしれないが自分の盤面の総アタックが4としよう。相手の23ユニットを除去するのにこの0マナ3点を使えば相手からの2:1トレードを避けながら次のターンに4点を維持しながらこのターン残ったマナで自分の盤面を強化することができる。これが盤面を中心にライフを削っていき終盤ハンド火力で試合を決めるアグロゼシカにとってすごくマッチしているのだ。

今の環境は序盤にミニオンを並べるデッキが少なく低コストAOEも配置で簡単に避けることができるため毎ターンテンションアップに1マナ使っていっても最終的にマナカーブ通りに動くよりもより多くの打点が出やすくなる。

あと終盤にリーサルが見えている状況での顔を詰める為にテンションスキルを使うのは◎なのだが序盤の無意味なテンションスキル、中盤の盤面が5分の状態そして相手のライフが20点以上あってユニットを使って打点を出さなといけない時に雑に相手の顔にテンションスキルをうつのはNG。このデッキはユニットで打点をだして終盤スペルで相手を削りきるというデッキっていうのを覚えておこう。

 

・アグロゼシカで考えてること

・アグロゼシカでの勝ち方は1種類だけです。これは他のヒーローのデッキとは違ってやる事がハッキリしているからです

序盤に強いユニットを並べていってそのユニットである程度相手の体力を削っていく。

終盤には盤面を失ってしまってもゼシカ特有の相手の顔への直接火力(特技カード)で残っている相手の体力を削りきる。どんな相手でもかつ試合は必ずこの流れになります。

つまりゼシカというヒーローはある程度相手の顔が削れていて特技の火力などで削れれば盤面を放棄しても勝てるヒーローということになる。

 

・におうだちユニットに対してメラゾーマを打つのはリーサルが遠くてユニットで打点を出さないといけない時は迷わず打て!もったいぶるのはNG。逆にリーサル見えてるなら打つのは相手のヒーローの回復カードをよく考えてから打て

 

 

自分のハンドの火力と盤面のダメージから何ターン後には○○点のダメージがでるなと常に考えておくこれが一番大事。3~6点足りない場合は積極的にテンションアップしてテンションスキルで相手の顔を削る事も視野に。相手のヒーローのライフをこっちのヒーローより早く0にしたらこのゲームは勝ちだから打点計算はやるだけ得する

 

・手札とテンションスキルでリーサルが見えかけてきたら盤面は捨ててユニットでオールフェイスをしていけ。相手の体力とこちらのハンド火力がイコールになった時が君の勝ちだ。

正し相手のヒーローが持っている回復カードの事も考慮すること。

 

 

・テンションアップを積極的にしていくといたずらもぐらのアタックが3~4までいくことが結構あるのでいたずらもぐらは基本後列に置いて前にユニットを置くことでできるブロックの状態を可能な限り作ろう。こうするだけではぐれメタルに打点を吸われることが格段に少なくなる。正し相手がテリーの場合はこの限りではない。

 

 ・マリガン

 ・先行

 マジックフライ、メラゴースト以外の1マナ2枚+ドロヌーバはキープ。他はこれを引きに行くためにマリガン

1ターン目1マナ

2ターン目1マナ+テンションアップ

3ターン目2マナ+テンションアップ

どの相手でも基本この動きが理想形

 4ターン目以降は自分の盤面の打点を維持したいと思った時にテンションアップ+3点を打つようにする。

 

 ・後攻

 マジックフライ、メラゴースト以外の1マナ+ドロヌーバ+3マナユニットを探しにいく。後の1枚は1~2マナのユニットだったらいいな程度で。

後攻の場合は1回テンションアップするだけでテンションスキルが使えるのでマナカーブ通りだしていき1マナ余った時や除去がやっかいなユニットが出たときにテンションアップしていき残ったマナでユニット展開するようにする。

 

 

 

・各ヒーロー事の配置学と戦い方

・対テリー

マリガンは上の通りで追加にするものはない

 

気を付けるのはテリーのテンションスキルで、横列にユニットを並べるのだけは何としてでも避けたい。(相手のテンションのたまり方によってはユニットを守る横配置もあり)

配置の優先度としては

f:id:kan12030705:20171109013756p:plain

数字の1から順に埋めていく。

縦に並べすぎると3コス縦3ダメージが来るのでこの順に並べるのがベスト。

警戒すべきAOEは縦3ダメージだけ。相手が不可解にテンションをためてる場合は必殺技の全体3ダメージを警戒するが必殺技はあまり採用されていない。

後体力を15以下にすると発動する効果のものが多いので手札に火力が乏しい場合はそれのケアも考える

顔を詰めていく時に432の3点回復武器や436味方のリーダーの受けるダメージ-1などの回復系のカードが採用されている可能性が高いのでギリギリの勝負の場合を除いて少し多めに打点がでるようにするとよい

 

・対ゼシカ

マリガンは上の通り

ゼシカミラーは効率よくテンションスキルとユニットトレードで盤面を取った方が勝つ。

亡者のひとだまはテンションスキルの対象にもスペルの対象にもならないため確実に相手に有利トレードを強制させる超有能カードである。相手がトレードしてこないのであればこいつで相手の顔を詰めていこう。

逆に相手に出されてこちらが苦しい場合でも出来るだけトレードしに行きましょう。

どうしても除去ができない場合はユニットでウォール作りながら相手の顔を詰めるフェイスプランに移行して相手に顔を守るための仕方なしトレードをさせる事を意識してプレイ。

配置に関しては攻撃力の高いユニットやいたずらもぐらを後列にメラゴーストやマジックフライを前列に置く事でブロックを作るように意識。

AOEであるヒャドやイオナズン、イオは警戒する必要なし

 

・対アリーナ

アリーナなんてヒーローいないでしょ

・対トルネコ

トルネコって誰?

超力の種の貫通と横列4点のAOEしかないし回復のカードも無いから特に何も考えなくても盤面とってたら相手の顔ぼこぼこになってるよ

有利マッチ

 

・対ミネア

序盤テンションアップしかしてこないから有利マッチ

マリガンは上の通り+344他がよければ亡者のひとだまキープ

序盤にユニット展開されることが少ないからテンションアップの優先度が他のマッチより低くいたずらもぐらが暴れやすいマッチでもある。

配置に関しては列でのAOEがないため後ろに強いユニット、前にメラゴーストやマジックフライを置く。

AOEは4マナ全体2点と8マナ全体4点。4ターン目には体力が2以下のユニットができない様にマポレーナ(アタック/体力 +1/+1)で体力を3以上にしてあげたりしてAOEに備えよう。

8マナ全体4点の方はこのデッキだと対処の仕様がない。だがこのカードを使ったターンは相手はユニットを出すことが不可能なので相手が8ターン目になる前のターンはユニットを出すのを控えよう。そしてAOEをうった返しのターンにもう一度盤面展開していこう。もっといえばミネア相手ならば回復されていない限り8ターン目にはリーサル圏内に入ってるだろうからどうやって相手のライフを削りきるかというのを考えるほうが良い。

 

 ・対ピサロ

 回復少ないし勝てるマッチ

マリガンは上の通り+亡者のひとだまをキープ

他のヒーローは1ターン目に積極的にいたずらもぐら置いていくのが強いけど相手がピサロの場合は1ターン目に置くのは良いプレイと言えなくなる

f:id:kan12030705:20171109225524p:plain

このカードとピサロのテンションスキルの効果で出てくる32のピサロナイトの事を考えればできれば1ターン目はおばけキャンドルモーモンから始動していきたい。

AOEは4マナ後列5ダメージが主流で、後列にユニットを置かないようにすれば避けるのは簡単なので4ターン目以降のユニットは前から優先してユニットを置いていこう。

亡者のひとだまとミミックは相手からしたら除去が面倒で難しいのでこいつらで相手の顔を削っていこう。

私がこのデッキ使ってた時は相手にデスピサロに変身される前に相手の体力を削りきっていたのでダメージの計算をしっかりして打点でる様にプレイしてれば9ターン目までに倒せて変身7点回復はほぼほぼ無いようなもの。

 

 

・対ククール

一番微妙なマッチアップ 

他の人はこのマッチ不利っていう人多いけどしっかり立ち回れば5分から微有利までもっていく事ができると思っている。

マリガンは上の通り+亡者のひとだまをキープ

このマッチでは相手の序盤の動きが弱いので223等はテンションスキルで除去しつつ1~3ターン目はいたずらもぐらで打点を出していくことを考える。

4ターン目以降はミミックや亡者のひとだまを他のユニットで全力で守りながらアタックが高いこいつらで相手の顔を詰めていく

f:id:kan12030705:20171109231817p:plain

f:id:kan12030705:20171109231610p:plain

このAOEミミックや亡者のひとだまが巻き込まれるのが嫌なので配置は上の表のところに優先して高火力ユニットを置いていく。他のユニットはこの高火力ユニットをできるだけ守るように相手のユニットとトレードする。

そしてリーサルが見えてきたからといって盤面を放棄して顔プランに移行した時がククールを相手にするときに一番気を付けないといけないタイミングである

f:id:kan12030705:20171109232347p:plain

 このユニットが一番このマッチでの対戦を難しくしている。こいつを7ターン目に出されて相手に完全に盤面をとられながら大量回復された時にこのマッチでの勝ち筋は0になる。

このカードでの大量回復&盤面除去が何よりもつらいのでこいつが出てくる可能性の前のターンにはできるだけ相手のユニットとトレードをするようにして盤面を失いながら相手に回復されるのは避ける事。

他のユニットで出来る限りミミックや亡者のひとだまを守るのはこいつらが体力4でベリアルのAOEに巻き込まれにくいからでもある。ベリアルを打たれてもこいつらが残ればまだまだ顔を詰める打点が盤面に残るので後はこいつとハンド火力で相手の顔を詰めていけ。

 

 

 

 

今回はアグロゼシカのガイドを出来るだけ詳しく書いたつもりですがまだ分かりにくい所があるかもしれません。分からない事や疑問に思う事があればtwitter@kan0705jfにリプでもDMでもください。

今回この記事で一番伝えたかったのはゼシカのテンションスキルの強さとテンションアップの使い方です。このテンションシステムをきっちりマスターすることで勝率は必ず10%~15%アップするでしょう。

これからもドラクエライバルズは続けていくのでレジェンドの上位に到達することができれば、その時にまたガイド記事を書く予定ですのでまたその時に僕の記事を読んで頂ければ幸いです

 

 

 

 

 

 

 

高校生HSグループ HS部創部

おっす、ブログを書くたびに久しぶりと言ってるroundogです。

ハースストーン甲子園が終わってからもう1ヶ月も過ぎたのかと思う最近。

今回ブログを書いたのは公式炉端の集いでウォーロックの新スキン「ネムシー」の発表があったからです。(時期的に少し遅いかもしれんが)

炉端の集いに行ってみたいけど友達でハースストーンやってる人いないし炉端いってみても自分と歳が離れた人しかいなくて話が合わなそうだから行きにくいなって人も絶対いるはずです。

自分もそうです。でもこの記事を書いてる日にtwitter上で知り合った同い年のフレンドと初めて飯を食べにいきました。そうするとめっちゃめっちゃ楽しくて会話も弾んで炉端ってこんな感じなのかと思いながら今度一緒に炉端に行くという約束までしました。一緒に飯を食べたフレンドも炉端には行ったこと無かったようで大切なのはきっかけなんだなと。

そして今回私が行いたいのは炉端に行き辛い人へのきっかけ作りと貴重な同年代HSプレイヤーと繋がる機会を増やすということです。

あなたの学校にハースストーンをやっている友だちは何人います?

 

一緒にハースストーンをやる友達を探しにHS部に来てみませんか?

 

・参加条件

・コミュニケーションをとる上で必要最低限のマナーを守る事ができる人

・discordの使用が可能な人

・15歳~18歳以下の人

 

最高ランクの縛りなどは一切ありません。discordの使用方法がわからなければ教えます。ハースストーンをもっと楽しみたい人なら大歓迎です。

今のところ募集人員の上限はきめていません

 

・活動予定の内容

・自分の近辺の炉端について一緒に行く人を探す

・通話しながらHSや他ゲーをやる

・定期的にグループ内大会を開く(ハースストーン甲子園と少し被るので要考え)

 

HS部というグループ名ですがグループ内では自由に好きな事をやってもらいたいなと思ってます。もちろん○○っていうゲーム面白いんだけど一緒にやらない?っていうのもOKです

 

・参加方法

discord.gg

ここから参加するだけです

 

 

最後になりますがグループに入るだけなら条件に当てはまってる人なら誰でもできます。しかし他の人と関わりを持つためには積極的に自分から動いて関わっていくことが必須です。待っていても他の人が何かをしてくれるはずなんてありません。

HS部では回りの人達は皆同年代です。自分から積極的に他の人を誘いにいってみてはいかがでしょう?

 

ハースストーン高校生甲子園

ちわっす。roundogです。何とかバースでは高校生最強チームを決める大会があったみたいですがハースストーンでは今まで無かったので今回やってやろうじゃないの

 

ハースストーン高校生NO1を決める大会

 

ハースストーン甲子園を!!

 

大会名は自分が野球好きなのと高校生の一番を決めるなら甲子園でいいんじゃない?という安易な考えからきてるんで深く考えないでください。

 

※今回の大会は高校生世代の最強を決めるという趣旨でやっているので専門学校生なども参加可能というルールになっています。

 

・参加条件

・生年月日が1999年4月1日~2002年3月31日までの人

この条件に当てはまれば現在高校に通っていない人でも参加できるとする

・discordの使用が可能な人

 今回学生証の提示や年齢が分かるものの提示をしてもらう予定はありませんが賞金がついていますのでモラルのある行動をよろしくおねがいします

 

・ルール

開催日時:9月23日 16時00分開始 15時からchallongeでのチェックイン開始

サーバー:アジア

4HERO 1BAN BO5 コンクエス

スタンダード

サイドデッキの所持は禁止

大会中はコレクション画面に行くことを禁止とする

勝ち残っている選手が他の選手の観戦に行くのは禁止(スクリーンショットを撮って提出して頂けたら観戦をした人を失格とします)

対戦相手が決まってから15分以上経過しても対戦相手が現れない場合は不戦勝とする

引き分けは再試合

BANヒーローの誤使用はその時に使っていたヒーローの勝ち抜け

回線切れについては復帰できれば試合は継続。出来なければその試合は回線が切れた方の負けとする

 

・賞金

1位には6000円分のitunes、googleplayまたはamazongiftカード

2位には5000円分のitunes、googleplayまたはamazongiftカード

3位4位にはそれぞれ1500円itunes、googleplayまたはamazongiftカード

 

・大会サイト

Challonge:

http://challonge.com/ja/ハースストーン甲子園

大会discord

https://discord.gg/fZMPEV7

大会は運営はdiscordを使って行うので参加される人は上記のdiscordサーバーへの参加をよろしくおねがいします

 

[スポンサー]

エクシーク@Exceik_games様

山崎葉人@Hahito_Yamazaki様

あさださん@asadasan1116様

からのスポンサードにより今大会はなりたっております

 

大会公式のハッシュタグ #ハースストーン甲子園 をつくりましたので大会後等にデッキリストをツイートすれば数少ない同級生ハースストーンプレイヤーが増えるかも??

 

 

 

ルール等で不明な点があればtwitter@kan0705jfの方に質問ください

 

 

 

 

 

 勝率88%でレジェヒット アグロドルイドの雑感及びガイド

どうも、久しぶりのブログ更新のroundogです。

今回の記事は新環境になって1日でランク4☆2から22勝3敗の勝率88%わずか2時間足らずでレジェンドまで到達したアグロドルイドについてまとめるものとなっております。

アグロドルイドはコントロールデッキ等とは違い強い動きをし続ければ勝ちやすいデッキとなってますのでハースストーンをはじめたばかりの人にも勝ちやすい!とオススメできるデッキとなってます 

 

 

※まだ環境初期ですので今後のメタの変動によりマリガンやアグロドルイド自体の強さも変動する可能性がありますのでその点をご了承ください

 

 

 

 

・新環境のアグロドルイドについて

 

 

f:id:kan12030705:20170813211913p:plain

 

上が今回私が使用したデッキリストです。

新環境になってからのアグロドルイドには蟲のドルイドクリプトロードという非常に強力な挑発ミニオンが追加されています。

 

f:id:kan12030705:20170813214001p:plain

 

f:id:kan12030705:20170813214042p:plain

 

この2枚の新たな挑発により新環境のアグロドルイドの挑発の裏にいるミニオンに触ることが非常に困難になり恐ろしいことに蓮華紋や野生の力等でアタックをあげることにより序盤の動きが更に強くなりました

蟲のドルイドは変身後は獣なのでヤシャラージュの刻印で3/7挑発になりさらに1ドローできるので対海賊ではこいつをだすだけで勝負が決まることもありました

 

 

・アケラスの古残兵

このカードはこのデッキにおける自由枠の1つです。

今回このカードを採用した理由としてマッチする相手の40%がドルイドでありそのほとんどがアグロドルイドであったためです。アグロドルイドミラーでは序盤の盤面争いに勝てないと絶対に勝てないために後に記述するカードよりもこのカードを優先して採用しました

f:id:kan12030705:20170813220713p:plain

 

・ヤシャラージュの刻印

 このカードは獣に使うと2/2のバフに加えて1ドローできますがこのドローを無理に狙っていくのはあまりよくないです。アグドルミラーや対シャーマンではファイアフライ、パッチーズ等に積極的に使って盤面を作って行きましょう

 

・野生の力

2ターン目に出せるミニオンがいない場合は3/2召喚も考えましょう。

練気と動き回るマナが手札にある場合は無理に使う必要はありませんが、相手のヒーローのAOEを考えてバフとして使うのか、またはミニオンとしてだすのかを考えましょう。

・入れ替え候補

アケラスの古残兵、ダイアウルフ・リーダー、クリプトロードは環境に合わせて下のカードに入れ替えていったほうが良い。またはカードが無い時に代用しても許されるカードです

・イカレた錬金術

終末預言者をこいつで除去したりクリプトロードを反転させてバーストを出したりとすごく器用で色々な事に使えるカードです。

特に理由がない場合はアケラスの古残兵よりもこのカードの採用をオススメします

 

・飢えたカニ

パラディンが40%超えたら採用を考える程度。基本的に弱い これいれるならアケラス古残兵を入れましょう。今はパラディンが少なすぎる。獣ついてるのは偉い

 

・ゴラッカ・クローラー

強い挑発が増えてカニ無くても海賊に有利取れてると思うから基本的に採用は見送る感じ。獣ついてるのは偉い。海賊ストーンになったらダイアウルフ・リーダーを1枚こいつに変えるのはあり。海賊ローグも出てきているので今後採用される可能性は大

 

・爪のドルイド

 

 

このカード自体顔に4点いくか挑発で後ろ守るか選べるのは優秀だけど今の環境だと5ターン目にする動きとしては弱い。5ターン目にはヒドラか動き回るマナを使いたいし挑発として使うなら他に優秀なの増えてるからいらない。

 

環境によってはダイアウルフ・リーダーやクリプトロード、獰猛なヒナを1枚抜くのもありだが今はこのカードの採用を少しも考えてない

 

・タールクリーパー 

相手のターンでは3/5になるなど優秀な挑発。今回使用したデッキでは新しい挑発を入れていたので使わなかったがアグロデッキが増えてきたら今のリストにタールクリーパーを加えるのもありだと思う。

 

 

・基本的なマリガン

マストキープ

練気、ブラットセイルの海賊、ファイアフライ、魔法のワタリガラスは初手できたら絶対キープ アケラスの古残兵はマッチによる

後攻なら蟲のドルイドもキープ

1マナ引けているならヤシャラージュの刻印もキープを考える

全体バフはコイン(練気)があって海賊とファイアフライを同時に出せるなら考えるが基本はかえす

1ターン目に練気→クリプトロード次のターンにに1マナや2マナがあるならクリプトロードをキープ

練気ヒナは相手のキープ枚数を見て通るか通らないかで決める。基本的にパラディンとシャーマンにはかなりの確率で通る。こちらが先行ならばハンターにもほぼ必ず通る。

メイジ、ウォリアー、プリースト、ローグには通らないと仮定したマリガンを意識する(ヒナを返す事も考える)。練気ヒナをする場合は先に挑発をおいてヒナを挑発の裏に隠したりヒナを除去された後も強く動けるプレイも同時に考えておく。それがないなら最強カードの練気を使うのはもったいない

 

・各ヒーローヘのマッチアップと意識する動き

 

・メイジ

あまりマッチしていなかったからよく分からないので前の環境も含めての動き

基本的にどのメイジにも不利なので都合よく考えていく。

初手に練気ヒナがきて手札に挑発が無かったらヒナを1ターン目からだす。挑発握ってるなら先に挑発。

動き回るマナは火山ポーションやブリザードをケアするために出来るだけ全体バフと同時に使う。これだけで秘策メイジなら少しキツくなる。フレイムストライクをケアしたら勝てない。秘文からのも同じ

練気ヒドラは相手にとって除去が難しいので積極的に狙っていく。挑発の裏に隠せるなら尚良し

 

・シャーマン

進化シャーマンには五分~有利

アケラスの古残兵はキープしても良い

ヤシャラージュの刻印を1マナが無くてもキープ

相手より先にこちらが展開できるのでヤシャラージュの刻印を獣じゃなくてもどんどん使っていって良い。ましてや使わないと勝てない。

序盤のミニオンは全部トレードを意識炎の舌のトーテムで相手に有利トレードされのが最悪。

盤面に3体程度でも有利トレードとれるなら全体バフを使っていってもよい。

6ターン目のドッペル進化の返しのターンで勝つことを意識してた。

2ターン目に何もすることがないなら野生の力で32をだすのも有り

 

・ローグ

BIGエドウィンなどされない限りはローグとマッチした時点でほぼ勝ち

動き回るマナをキープ

ローグは横並びに対して返す術をもたないので横に並べてバフして勝ち。それ以上でもそれ以下でもない。

BIGエドウィンは事故だと思って諦めろ。

 

・ウォリアー

海賊ウォリアーには微有利 挑発ウォリアーやコントロールウォリアーには不利

コントロールウォリアー相手には乱闘を引かれていない事を願いながらプレイ。

動き回るマナはそれまでのターンで横に並べて相手の5ターン目に乱闘を吐かせてから使う様に意識。そこからバフや獰猛な咆哮で勝ちを狙う。それかヒドラで相手の顔を殴るのも勝ち筋の一つ。

 

海賊ウォリアー相手には挑発にバフをかけたりするだけで相手からするときつい

3ターン目の盤面には相手の海賊がいないようにプレイするのも大切。

ブラットセイルの海賊で相手の烈火の戦斧を破壊できると美味しいので1ターン目に他の1マナを握れているならそちらを先に使うようにする。

ヤシャラージュの刻印も有利トレードするために使うなら獣以外に使っていってよい

2ターン目に何もすることがないなら野生の力で32をだすのも有り

今回使ったリストでは海賊に1度も負けていません

 

ドルイド

基本的に遅めのドルイドには有利だが新カードの虫害1枚でゲームが壊れるので注意が必要。ドルイドは横並びに弱いので虫害さえケアできればほぼ勝てる。ドルイド全般には練気ヒナを引けているなら1ターン目から狙っていって良いです。

※ラダーを回していてkolento式ミッドレンジドルイドが増えてきているなら素直に違うデッキに変えましょう。このデッキだとかなりキツイです

 

対アグロドルイド

ミラーバトルでは先に盤面を取ったほうが勝ちます。

他の1マナ引けてるならアケラスの古残兵もキープ

なので1ターン目の動きの優先順としては魔法のワタリガラス>ブラットセイルの海賊>ファイアフライとなります。ヤシャラージュの刻印も飛び出してきたパッチーズにつけて盤面をとるのもありです。

盤面に3体しかいなくても盤面の有利を確保できるなら全体バフを使っていきましょう

ミラーマッチの不利な盤面を覆せるのはヒドラと動き回るマナです。練気ヒドラや動き回るマナからの全体バフで最後まで逆転を狙っていきましょう

 

・プリースト

ハイランダーでもドラゴン両方ともに有利

最近のプリーストにはAOEがドラゴンポーションだけで横並びに対してそこまで強くはない。バフをかける際にはできるだけアタックを4に意識すると良い。

序盤のミニオンがプリーストは強くないで挑発の裏にミニオンを置いたりすることで押し切れる。113や223のエレメンタル等は体力バフを載せられると少し厄介なのでトレードできるタイミングがあるならトレードしていきたい。

動き回るマナは全体バフを2回かけるとプリーストは死ぬ。ドラゴンポーションの返しに動き回るマナを打つと大抵は返せない。

黒曜石の像を出されるターンまでにできれば試合をきめたい。出されるとほぼ負け

 

 ・ウォーロック

 対ハンドロックは不利 zoo相手には序盤の展開がこちらの方が強いのと全体バフがあるので微有利~有利くらい

 

ハンドロック相手には冒涜をケアするために体力の値を気にかけておくこと。相手のデッキにはAOEが多いので勝つことは難しい。ヒドラをマリガンでキープすることも考える。

バフをかける時は体力が4以上になるかというのもポイントの1つ

動き回るマナは地獄の炎を打たれた返しから7/6/6全体3点を打たれるターンまでの間に使っておきたい。長引けば長引く程勝機は薄くなると考えたほうがよい

 

・ハンター

レイザーモーとデスナイト全体2点にだけ気をつけろ。

序盤の展開でそのまま押し切れる

 

 

 

 

 

最後の方は少し雑になってきかもしれませんが今回自分がアグロドルイドを使っていて考えていたことをまとめました。分からない事などがあればtwitter @kan0705jfまで気軽にご質問ください。

後ランク5までくらいの人ならコーチングみたいな事もできると思いますのでそちらも気軽にお声掛けください。もちろん無料です

 

 

 

 

誰でもアジア予選が100倍楽しくなる記事(選手紹介編)

どうもroundogです。2ヶ月ぶりの更新となってしまいました。

今回はハースストーンを初めたばかりの人から中級者(ランク10くらい)までの人にasia予選を楽しく観戦できるようにと書いた記事です。

EU予選やNA予選が終了して次はいよいよ我らの代表が出場するasia予選というところで、HSを最近始めた人はkolentoって誰?Rduってどんなプレイヤー?というように何も知らない人も多いはず!でも

何も知らずにただ観戦するのはもったいない!!!!!

 

何も知らずにただ観戦するのと大会に出場する選手やヒーロー構成に関して少しでも知っているのとでは楽しさも大きく変わってくる(私も海外選手を知るまでは海外予選は見ていませんでした)ので公式の大会放送の片目に私のブログをみて「この選手はこういう選手でこういうデッキが得意なんだ」「この構成はこういう意図があるんだな」っという様にアジア予選を楽しむためのツールとして利用して頂けたら幸いです。

 

※HGGとは・・・herthstone global game の略称で各国4人の代表を選出しどの国が一番強いのかを決める国別対抗戦である

 

注目プレイヤー

(日本人選手)

 

posesi

ラダーの猛者 

月瞬間でレジェンド1位を度々獲得するラダーのプロ 1位を獲得した回数は数え切れない

5月シーズンはスタンダード、ワイルド共に瞬間1位を記録

春季での総合ポイントは30ptで日本最多獲得者であり、アジアで見ても2番目である

 

b787

2017冬季アジアチャンピオン HGG日本代表

冬季トーナメントでは特徴的なコントロール構成で挑みアジアチャンピオンになった男

コントロールデッキが得意なプレイヤーなのでそこを注目して見て欲しい

BSのe-sport番組に特集されるなど今季一番の注目プレイヤーと言ってもよい

BSフジ「待ってろ、てっぺん。~e-sports世界No.1プレイヤーへの道~」 - YouTube

 

nukesaku

twichで配信している配信者

独自の観点からHSを見ているプレイヤーで配信中でも自分の考えを説明しながらプレイしてくれるので初心者の人にもオススメ

テンポの良い関西弁で聞いていて心地よい

後、ロックマンが面白い

www.twitch.tv

clownjp

テンポ系メイジのイメージ

今大会もメイジを使用していれば要チェック

 

・aqua

team:Unsold Stuff Gaming 所属

ハースストーンの初期から活躍しているプレイヤーの一人

 コントロールデッキのイメージが強いプレイヤーなのでコントロールデッキに注目

 

・tansoku

HGG日本代表

元プロプレイヤーで今はyoutubeで活動している

先日のjapan major準優勝など実力は確か。昨年のラストコールではあと少しというところで惜しくもblizzconを逃すが今季は是非出場して頂きたい

面白い人柄も人気な理由の1つ、ハースストーンプレイヤーでまだ動画を見ていない人がいれば1度見ることをオススメする。

www.youtube.com

 

・tuttu

日本予選の常連

配信もしており、日本選手権の解説を務めていたりもする。安定感のあるプレイに注目。

www.twitch.tv

 

・tredsred

こちらもまた日本予選の常連。

予選に出場していないところを見なかったことが無いくらい安定して強いプレイヤー

昨年の4月には13時間18分という脅威的な速さで最速レジェンドをたっせいした 

テンポやクロックといったカードゲームの概念を丁寧に説明してくれているブログが初心者にオススメで1度は読んで頂きたい

 

tredgames.blog

 

レオンハルト

レノロックで度々レジェンド上位を記録

ディスカードハンドロックやトークン型のコントロールパラディンでレジェンド上位を記録していて構築力も魅力の一つ

プレイはもちろんだがどのような構築なのかというのも注目必須

twitterのアカウントが消えていて消息不明なのが少し心配である

 

・civila

team:DetonatioN Gaming所属

プロプレイヤーであり、日本のハースストーンプレイヤーでこの人を知らない人の方が少ない程の有名プレイヤーである。openrecで毎日19時~1時過ぎまで配信し、配信が休みなのは月に1度あるかないか程度であり常時1000人以上の同時視聴者がいる。

ラダーでも上位を獲得し今月もtop10以内を何度も記録している

チョコレートが大好物

配信チャンネル openrec.tv/live/civila

・GundamFlame

HGG日本代表

昨年の夏季日本代表でアジア選手権にも挑んだプレイヤー

昨年は惜しくもアジア3位だったがその強さは世界レベル

昨年はメイジやドルイドによる活躍が目立ったので今大会ではそのヒーローはもちろん他のデッキでの活躍も見どころ

 

 

・Machanp

 レジェンド1位を記録しているプレイヤーでありデッキビルダー

現環境ではミッドレンジパラディンを開発するなど、今のメタを作り上げた一人といっても過言ではない

構築もプレイも1流の選手なので全ての部分で注目していきたい

 

・mattun

 昨年の冬季日本代表

社会人プレイヤーでありパパプレイヤーである

独特なデッキ構成で挑んだ昨年の冬季アジア選手権では日本のe-sport界に大きな影響を与えた

あのb787選手もmattun選手のプレイを見てハースストーンを競技的に始めたといっており、mattun選手のプレイを見てハースストーンにのめり込んこんでいった人も多いはずだ

 また賞金総額25万円のwikiリーグを開催したりとコミュニティ面にも大きな影響を与えている

www.twitch.tv

 

以上が注目して見て頂きたい日本人プレイヤーだ。次に世界のこのプレイヤーは抑えておきたいというプレイヤーを紹介しよう

 

(外国人)

 

 ・tom60229

from:Taiwan

HGG台湾代表

 アジアのポイントランキングで2位と10ポイントの差の40ptでアジア1位として今大会へ出場

コントロールデッキもアグロデッキも使える万能プレイヤーのイメージである

 

 ・Pinpingho

 from:Taiwan

 大型大会japan major優勝  HGG台湾代表

 先日のjapan major でのtansoku選手との熱いコントロール戦も記憶に新しいプレイヤー

シ ーマン暗黒期にただ一人アジア選手権にシャーマンを持っていった男

「I am pinpingho」というインタビューで放った言葉の印象も強いプレイヤー

この人のシャーマンは必見だ

 

・yulsic

from:Hong Kong

HGG香港代表

大会でコンスタントに結果を出しているプレイヤー

日本のプレイヤーなら「ああyulsicね」と聞いたことがあるプレイヤーも多いだろう 

 

・DDaHyoNi

from:Korea

HGG韓国代表 昨年の冬季アジアチャンピオン

e-sport大国韓国からの刺客

これまでのアジアプレイオフでもレベルの高い韓国予選を確実に抜けてきた強豪プレイヤー

昨年の冬季アジア選手権では他のアジアの強者を破りアジアチャンピオンになる等今大会でも注目度の高い選手

 

 

 

 以上が今大会で特に注目していただきたい有名プレイヤーである。

 

これでハースストーンを始めたばかりのプレイヤーも普通にみるよりも100倍楽しめるはずだ!!

 

各選手のデッキ提出が公開されればその構成がどの構成に強くどの構成に弱いのかというのをまとめて、このブログで記事にする予定なのでよければそちらの方も見て欲しい

 

今回の記事は自分の知識のみで書いているので、ここに記載できなかった日本人プレイヤーに関して情報を知っている方や、より詳しい情報を知っている方がいましたらtwitter@kan0705jfまで送って貰えたら追記いたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レジェンドになる方法

この記事ではレジェヒットするのに自分が考える必要なことを書いています。考え方は人それぞれで色々な考えがあると思いますしそれを否定する気もありません。

 この記事はレジェンドになりたい!っと本気で思ってる方向けです

①レジェンドになる方法

まずレジェンドになる方法です。これは単純で1ヶ月の間に多くても95個勝ち越せれば誰でも必ずレジェンドになれるのです。95という数字は実際多いと思われる人もいるかもしれませんがこの95とはランク25スタートでランク5まで1回も連勝ボーナスを得られなかった時の数字で実際は連勝もしてフロアシステムも導入されているので95という数字よりかなり少ないでしょう。

 

 ②95個勝ち越す方法

 上で私は95個勝ち越せば誰でもレジェンドになれるという当たり前の事を言いましたが95個勝ち越すというのは大きく分けて2つの方法があります。

  • 勝率51%で何戦もやる(数を回す)
  • 勝率100%で1瞬でレジェヒットする(勝率を出す)

上は極端な例を出しましたが実際はこの2つの方法しかありません。

勝率51%でも数を回せば必ずレジェンドにいけますし勝率100%ならすぐにレジェンドにいけるでしょう。実際100%は無理な数字ですが高勝率でランクを駆け登ることは可能です。

 

③高い勝率をだす方法

 私はハースストーンに対してあまり多くの時間をかける事ができないので基本的には勝率をだす方法をとっています。では高い勝率をだすにはどうしたら良いのか  

1.     強いデッキを使う  

  強いデッキとはtier表などで上位をとっているデッキです

 

 2.     デッキはコロコロ変えない

  同じデッキを使い続けてデッキに慣れるという事が大事。使い続けたデッキと初めて使ったデッキでは雲泥の差がでる。4:6位の不利マッチでもそのデッキを完璧に使えるならひっくり返る可能性は高いです

 

3. そのデッキに関するガイドを読む

  使うデッキを決めたならそのデッキのガイドを読んでみましょう。ガイドを書いてる人はレジェンド上位などの実績のあるプレイヤーです。おそらくこの記事を読んでるあなたや私よりかなり上手いでしょう。上手いプレイヤーから盗める物はどんどん盗みましょう。有名プレイヤーの配信を見るのも1つの手です。実績の載っていないガイドは危ないので読むことはあまりおすすめしません。 

※大抵の場合ガイドと一緒にリストも載っているのでそれはできるだけ完コピしましょう。1枚変わるだけでプレイングも変わってきます。

 

4.相手のデッキを知る

tier3、最低でも2までのデッキの大体の勝ち筋と入ってるカードは覚えましょう。特にAOEやキーカードはmustです。

1~3ターンで相手のデッキタイプが分かるようになれば上出来です。

これは大会等で他のデッキを使う時も利用できるので覚え得です。

 

 まずはこのようにデッキに慣れる、デッキに関する知識を付けましょう

 レジェンドになるのに必要なこと

1.ランクが落ちるのにビビるな

最初のうちは最高ランクを更新したら落ちるのが嫌になってカジュアルにいったりしてしまう事もあるでしょう。しかしカジュアルでの1勝に価値は全くありません。実力の分からない相手に勝っても意味がありませんしランクもあがりせん。3月シーズンからフロアシステムが導入されていますので落ちるのを恐れずにランクを回し続けましょう。

2.戦績をつけよう

連敗が続いても大切なのは通算の戦績。萎えずにそのデッキで回し続けましょう。ランク5までは勝率50%なくてもランクは上がります。勝率はモチベーションにも繋がってくるので必ず付けましょう。ランクが上がるにつれて勝率は下がるものです。あまり気にせずにいきましょう。

3.試合を軽く振り返る

 負けた後も勝った後も軽く振り返るこの行動が一番上達します。長い時間振り返る必要はありません。その試合にミスは無かったか、合ったのなら次から同じ事がないように気をつけましょう。理不尽な負けでも怒る前に自分のプレイを見直しましょう。探してみると試合結果を覆すプレイがあったかもしれません。

※1ターン目ビックエドウィン等は別です運が悪かったと思って相手にファンメを送りましょう諦めましょう。

 

③プレイスタイル別のレジェの目指し方         

1. 好きなデッキを使いたい、オリジナルのコンボで勝ちたい

 カードゲームなので自分の考えたデッキやあまりデッキパワーが高くなくても好きなデッキやカードを使いたいというのは当たり前の考えだと思います。しかしこの方法では勝率をだすという方法はかなり難しいと思います。好きなデッキでレジェンドまで行きたいという人は数を回して上振れを待つか月末に駆け登るという方法が一番適切なのかなと思います。その人がデッキビルドのマスターなら話は別ですが、始めたばかりの方で好きなカードを使いたいというのは分かりますがこの方法はあまりおすすめできません。このプレイスタイルは上級者向けといえるでしょう。 

 

2.何が何でもレジェンドになりたい人

 デッキパワーが高く環境に合うデッキを使ってガンガンランク戦を回しましょう。上の方法を実践して回し続けたら必ずレジェンドになれます。tier上位のデッキを使い続ければ勝率は必ずでるようになるでしょう。月末は月初めよりランクが上がりやすいです月末に頑張れば絶対にいけるはず!!頑張ってください!

 

 

最後に、僕はtwitterでよく見るアグロを使うのが大嫌いですといいながら「時間がなかったから今月レジェンド行きたかったけど到達できなかった」という言葉が大大大嫌いです。時間がないなら工夫をしよう。時間が無くても本気でレジェンドになりたいなら1試合が短いアグロデッキを使ったり勝率を上げるためにプレイの質を上げるなど方法はあります。ですがこのような事をいっている人は言っている事とやっている事が一致していないのでは?と私は思ってしまいます。

 

この記事を読んで下さった方の中から初めてレジェンド到達できる人が出てきてくれれば嬉しいです

 

私の考え方に大きく影響を与えてくださり、私が初めてレジェンドに行ったときに参考にさせていただいたboruさんの記事も一緒に読んでみてください。

borurunhs.hatenablog.com